2017年(平成29年) 12月17日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の米軍ヘリ炎上、在京各紙はどう報じたか

東京、朝日、毎日は1面

 沖縄県東村高江で起きた米海兵隊CH53Eヘリの炎上事故について、在京の全国紙・ブロック紙は12日付朝刊で一報を伝えた。1面で載せたのは朝日、毎日、東京の3紙。東京は1面トップで「米軍ヘリ沖縄で炎上」の見出しで、2面に各政党の米軍基地関連政策の比較、社会面に地元住民の不安の声をそれぞれ載せた。

米軍ヘリ事故を伝える12日朝刊の在京各紙の紙面

産経は第2社会面で2段

 朝日と毎日は、1面で見出し3段を立てて掲載。社会面では、米軍機事故の年表や住民の声などを紹介した。読売と日経は、第1社会面で見出し3段で報じ、産経は、第2社会面で見出し2段だった。

 在京各紙は、事故概要を「不時着し、炎上・大破した」や、海兵隊の発表を引用する形で「訓練中に出火し、緊急着陸した」と説明。「『墜落した』との通報があった」と伝えた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間