「私は幸せ者です」とは思えるけれど「毎日がとってもハッピー♪」なんて思えたことはない。過酷な日常の中で幸せな一瞬一瞬を見つけて、めでて喜ぶ。それくらいでちょうどいい。

「しあわせな人生の選択」

 物語の主人公、カナダ在住のトマスは、スペインで暮らす友人・フリアンが肺がんで余命わずかと知らされる。4日間のスペイン滞在を決意したトマス。すでに治療をやめ、静かに死を迎えようとしていたフリアンは旧友の来訪を喜び、思い残すことのない余生を過ごすため、さまざまな所へトマスを連れ回す。

 フリアンの相棒、愛犬・トルーマンの里親探し、離れて暮らす一人息子を訪問、葬儀の手続き…。病に苦しむではなく、自らが望む幸せな終末にむけ、人生を選択する男と、それを受け入れる友人。男の友情のかっこよさと、バカバカしさがいとおしい1本。(桜坂劇場・下地久美子)

◇桜坂劇場であすから上映予定