【宜野湾】宜野湾市の佐喜真淳市長(50)は19日の市議会6月定例会で来年1月17日告示、同24日投開票の同市長選について「(与党による立候補の)要望を真摯(しんし)に重く受け止め、近々しっかり判断したい」と述べ、近く再選出馬を正式表明する意向を示した。支持者らが市内で29日に開く就任3周年激励会の席上で表明することを検討している。

佐喜真淳市長

 佐喜真氏は同市議、県議を経て2012年2月、体調不良だった前市長の辞職に伴う市長選で自民、公明などの推薦を受け初当選した。

 一方、同市長選では野党側も対立候補擁立に向け、複数の人物に絞った調整を進めている。