【名護】名護市辺野古の新基地建設で、米軍キャンプ・シュワブゲート前では20日午前、工事関係車両を止めようと座り込む市民約50人と、県警機動隊約60人がもみ合いになった。

ゲート前に座り込む市民と県警機動隊がもみ合いになり、一時騒然となった=20日午前7時8分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 市民らは午前6時50分ごろから座り込み、約20分後に排除された。

 辺野古沖には大型作業船2台、スパット台船3台があり、うちスパット台船1台の上に作業員の姿が確認された。