【名護】「沖縄ノート」著者でノーベル賞作家の大江健三郎氏が20日、名護市辺野古を訪れ、新基地建設に向け海底ボーリング作業が進む辺野古沖や米軍キャンプ・シュワブゲート前を視察した。

抗議船に乗り、東恩納琢磨名護市議(右)から建設中の辺野古新基地の説明を受ける大江健三郎氏=20日午前11時ごろ、名護市辺野古沖

 大江氏は午前11時ごろ、辺野古漁港から船に乗り、約30分間、辺野古沖を視察した。東恩納琢磨名護市議が、新基地建設予定地やジュゴンの生息域などを説明し、大江氏は大きくうなずきながら聞き入っていた。

 船がフロートに接近すると、フロート内で船に乗っていた沖縄防衛局関係者が「立ち入り禁止区域なので退去するように」と警告する場面もあった。

 ゲート前では、反対する市民らが座り込むテントを視察。その後、報道陣の取材に応じ「市民が粘り強く抗議しているのが分かった。諦めなければ負けないという印象を持った」と話した。