沖縄セルラー電話(北川洋社長)は20日、米大リーグ機構(MLB)とオフィシャルスポンサー契約を沖縄県内で初めて結んだ。全国的にも野球人気の高い沖縄で、MLBを活用した広告やCM、プレゼントキャンペーンを展開し、顧客獲得の弾みにする。

MLBとオフィシャルスポンサー契約を結んだ沖縄セルラー電話の上地部長(右)と津田崇彰主任=沖縄タイムス社

 上地球二コンシューマ営業部長は「昨年11月に沖縄セルラースタジアム那覇で開催された日米野球でも人気の高さを実感した。本場のベースボールを身近に感じてもらえれば」と話した。

 同社はMLB試合の映像などを広告やCMに活用するほか「地元にもっとワクワクを!」をスローガンに11月30日までMLBキャンペーンを展開する。

 キャンペーン第1弾は、NYヤンキース観戦ツアー3泊5日が抽選で1組2人に当たる懸賞を実施。応募期間は7月20日まで。

 同社と契約のない人でも申し込みが可能。8月に抽選し、当選者は9月開催のNYヤンキース戦から1試合を選ぶ。キャンペーンは第3弾まで計画している。

 申し込みはauパラダイスネット、http://52830ez.jp/mlb