【東京】民主党の沖縄協議会(座長・枝野幸男幹事長)が20日、党本部で開かれ、沖縄の過重な基地負担軽減を議論する場を同協議内に設置することを決めた。細野豪志政調会長を協議会メンバーに加え、基地負担の現状にどう対応していくか検討していく。

 協議会には県連の花城正樹代表、清水磨男幹事長らが出席。①基地の負担軽減を議論する場の設置②名護市辺野古の新基地建設作業の一時中断を政府に求める③ハワイのオスプレイ墜落事故を受けて原因究明までの飛行停止や独自の検証作業をするよう政府に求める―を要請した。

 県連によると、枝野氏は要請に対し「非常に重く受け止めたい」と回答。辺野古新基地建設に向けた作業の一時中断について県民の気持ちを踏みにじる形で安倍政権が作業を進めることを懸念し、「より一層、県民に寄り添い、丁寧に説明することを安倍政権に求め政府の姿勢を注視したい」との考えを示した。