沖縄県税務課は19日、2015年度の自動車税の滞納者に早期の納税を電話で呼び掛ける県自動車税コールセンターを浦添市のNTT西日本城間ビル内に設置、開所式を開いた。13年度からコールセンター業務にノウハウがあるNTTマーケティングアクトに外注。オペレーターが8月31日まで約6万件に納付を催告する。

滞納者に納付を呼び掛けるオペレーター=19日、浦添市のNTT西日本城間ビル

 県によると、15年度の自動車税は県税収入の12・4%に当たる約130億円を見込む。コンビニやクレジットカード収納の導入などにより、県の期限内の納付率は6年連続九州1位。だが年度内収入は全国38位と差があり、滞納者への周知徹底が課題となっている。

 佐次田薫税務課長は開所式のあいさつで「収納率のさらなる向上のため、民間のノウハウを利用して、自主納付を呼び掛けていく」と意気込んだ。