スタメン8人が2年生の石川が13安打で7点を挙げた。1-1に追い付かれた直後の四回裏、1死一、二塁から9番嘉陽竜己と1番當眞智也の連続適時打で2点を勝ち越したのが大きかった。八回には2死満塁から3番徳山煌汰、4番タイシンガーブランドン大河の長打で4点を追加し、試合を決めた。