陸上の第35回沖縄マスターズ選手権は21日、沖縄県総合運動公園陸上競技場で行われ、M40(男子40~44歳)400メートルリレーで世界記録(42秒20)更新が期待された、オープン参加のEARTHLETES(アースリート=石黒文康、譜久里武、渡辺潤一、武井壮)は42秒63で更新はならなかった。大会では年代別の日本新記録が7個、県新記録は28個が出た。

400メートルリレー 3走の渡辺潤一(右端)からバトンを受け取るアンカー武井壮(中央)=県総合運動公園陸上競技場(花城克俊撮影)

 W40(女子40~44歳)の儀間由紀美(中城村)は、昨年頂点に立った60メートル、100メートル、200メートルを制して再び3冠に輝くと、W30(30~34歳)400メートル優勝の呉屋清香(同)らと出場した400メートルリレーでは53秒39で日本記録を更新した。