県内のブライダル企業など51社でつくる沖縄リゾートウェディング協会(小川義昭会長)は22日、那覇空港国内線ターミナルで愛知県から挙式で訪れた2組のカップルを歓迎した。毎月22日を「夫婦の日」として2011年から歓迎セレモニーを開いており、今回で38組目。県外からのリゾートウェディングは14年に1万2068組、同協会は15年の目標を1万3千組に設定する。

空港で歓迎セレモニーを受ける山下雄也さん(前列左から4人目)カップルと清水敬祐さん(前列左から6人目)カップル=22日、那覇空港

 この日、歓迎されたのは山下雄也さん(28)と宏美さん(30)夫婦と、清水敬祐さん(31)と真由美さん(30)夫婦。2組同時の歓迎式は初めてで、空港で花束を記念品を受け取り、記念写真を撮影した。

 真由美さんは「3年前沖縄に来たときに海が印象的だった。結婚式は沖縄で挙げたかった」、宏美さんは「リゾート性の高さに魅力を感じていた。来たことはなかったが結婚式は沖縄だと決めていた」と願いがかない、うれしそうだった。