【石垣】石垣市出身の具志堅用高さん(59)が国際ボクシング殿堂入りしたことを受け、市は22日、具志堅さんを招いて、石垣港離島ターミナル内で記念パネル除幕式を開いた。

国際ボクシング殿堂入りのパネルの前でポーズを取る具志堅用高さん=22日、石垣港離島ターミナル

 市は昨年、具志堅さんの銅像を船乗り場に設置。今回、殿堂入りを説明したパネル板を一新した。

 現役時代の入場曲に合わせて具志堅さんが姿を現すと、市民や観光客が拍手で出迎え。中山義隆市長は「殿堂入りを心から祝いたい。石垣市観光大使として、今後も古里、石垣島をPRしてほしい」と呼び掛けた。

 具志堅さんは「石垣島のために世界を取ると頑張ってきた。祝っていただき胸がいっぱい」と感謝し、「島の若い子も大きな目標を持って頑張ってほしい。きっと結果は出る」と後輩にエールを送った。式典後、具志堅さんは殿堂入りの記念リングを指にはめ、観光客との記念撮影に笑顔で応じていた。