沖尚が、団体、個人単・複の女子3種目を総なめにした。団体決勝は単の連取で鳳凰(鹿児島)に2-0のストレート勝ち。その後の個人シングルス、ダブルス決勝は、ともに沖尚対決となり、強さが際立った。