戦後70年の「慰霊の日」の23日、沖縄全戦没者追悼式(主催・県、県議会)が糸満市摩文仁の平和祈念公園で執り行われた。県内外から約5400人が参列。平和の礎に刻まれた24万人を超える犠牲者を追悼し、不戦と恒久平和の誓いを新たにした。また、平和祈念公園内の「平和の礎」や糸満市米須の魂魄(こんぱく)の塔には早朝から多くの家族連れが訪れ参拝した。各地で慰霊祭が行われ、県内は鎮魂の祈りに包まれた。

戦没者の冥福を祈り焼香する家族連れら=23日午後1時25分ごろ、糸満市摩文仁の平和祈念公園(伊藤桃子撮影)

 追悼式では、翁長雄志知事が就任後初の平和宣言をしたほか、県議会の喜納昌春議長は式辞で「二度と戦争を起こさないために悲惨な沖縄戦の実相を子々孫々に語り継ぐ」と不戦を宣言。県民に寄り添い県民の自己決定権を尊重する決意を語った。

 県遺族連合会の照屋苗子会長は「忌まわしい地獄のような戦争体験が昨日のように脳裏に浮かび胸が張り裂ける」と遺族や体験者の気持ちを代弁し、み霊に哀悼の意をささげた。米軍普天間飛行場問題にも言及し「早急なる県外移設を熱望すると同時に戦争につながる基地建設には遺族として断固反対する」と語った。

 与勝高校3年の知念捷(まさる)君が「平和の詩」に選ばれた「みるく世がやゆら」を朗読した。

 戦争体験者の高齢化が進む中、県は戦後70年となることしの追悼式を、沖縄戦の歴史的教訓を正しく伝え、次世代に平和の尊さを継承する場と位置付けた。

 式典で子どもの合唱を初めて取り入れ、糸満市立西崎小学校と南城市立大里南小学校の3~6年生計40人が「月桃」「大切なもの」など4曲を歌った。県教育委員会が初めて主催した平和行進もあり、高校生ら160人が糸満南小学校から平和祈念公園まで行進した。

 追悼式には、外務、防衛、厚生労働、沖縄担当の4閣僚のほかキャロライン・ケネディ駐日米大使が参列。衆参両院議長は来賓あいさつした。