高校野球の第97回全国選手権沖縄大会第3日は23日、沖縄セルラースタジアム那覇ほかで1回戦8試合を行った。美里工業は、12-10で宜野湾に逆転勝ち。最大5点差をひっくり返し、両チーム計31安打の乱打戦を制した。

 知念は豊見城南に3-2で競り勝った。六回、徳嶺一貴主将が勝ち越しの中越え三塁打を放った。与勝は初出場の未来沖縄を6-1で退けた。

 嘉手納は3-0で首里に競り勝った。仲地玖礼、大城堅斗の継投で首里打線を散発4安打に抑えた。

 コザは2-1で名護を破った。一回、コザの兼本陸が左越え本塁打を放った。首里東は延長十三回の末、北谷を5-3で破った。

 沖縄工業は南部商業に9-0で、浦添商業は沖縄高専に9-0でコールド勝ちした。

 第4日は27日、同スタジアムなどで1回戦4試合を行う。