驚異的な粘りを見せた美里工が乱打戦を制した。 序盤、二枚看板の投手陣が宜野湾打線の本塁打を含む長打攻勢に遭い、三回までに6失点。五回にも失策が絡んで3点を失い、4-9と大量リードを許した。