沖縄全戦没者追悼式では、就任後初めて平和宣言した翁長雄志知事が、普天間飛行場の辺野古移設中止を求めた。鎮魂の場であえて政府に踏み込んだメッセージを伝え、戦後70年を経ても過重な米軍基地負担の解消が不十分な現状を県内外に印象づけた。