24日の沖縄県議会代表質問で翁長雄志知事は、副知事や外郭団体役員人事で、「政治理念を同じくする者、政策を理解し、同じベクトルを持つ者の中から本人の能力を見極め、適材適所の観点を踏まえた」として、選挙の論功行賞との指摘を否定した。知事が人事について言及するのは初めて。翁長政俊氏(自民)への答弁。