沖縄戦に看護要員として駆り出された「ひめゆり学徒隊」の体験を発信し、国内外で平和研究を深めようと「ひめゆり平和研究所」の開所式が16日、沖縄県糸満市伊原のひめゆり平和祈念資料館で開かれた。 資料館の運営・管理に加え「調査・研究」事業を拡大する構想は、2008年に本村ツル前理事長が提唱。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。