【石垣】沖縄防衛局の森浩久企画部長は24日、石垣市役所に中山義隆市長を訪ね、同市への陸上自衛隊警備部隊の配備に向け、候補地選定の現地調査に入ると伝えた。

中山市長(右)に陸自部隊の候補地選定の調査を実施すると伝える森企画部長(左)=石垣市役所

 森部長は「調査実施の内部体制が整った」と述べたが、具体的な開始時期や候補地の数、調査終了時期については明らかにしなかった。

 市に対し、「担当者との連携や市が持つ情報の提供協力をお願いしたい」と依頼。面談後は記者団に対し、「部隊規模や機能は今後検討していくことになる」と答えた。

 中山市長は「市から自衛隊を誘致することはないが調査には協力する。結果を市民にオープンして議論する」と従来の方針を述べた。