サッカーJ3で7位のFC琉球は28日、沖縄県総合運動公園陸上競技場で「全島サッカー1万人祭り2015」を開催する。前田晃一、川邊裕紀、川里光太郎の3選手が24日、沖縄タイムス社を訪れて来場を呼び掛けた。

全島サッカー1万人祭りへの来場を呼び掛けるFC琉球の(左から)前田晃一、川邊裕紀、川里光太郎=沖縄タイムス社

 今回が5回目で、5位のガイナーレ鳥取と対戦する。J2基準に改修された同競技場で、球団主催初のナイターとなる。

 入団2年目の前田は「琉球は今季、リーグでも観客動員が少ない方なので、結果を出して興味を持ってもらいたい」と意気込む。

 前回アウェーでの鳥取戦は0-1で惜敗。今季新加入の川邊は「同じ相手に連敗できない。地の利を生かして勝ちにつなげたい」と気を引き締めた。

 午後3時半開場で同6時試合開始。当日は沖縄市民デーとして市内在住者は入場無料となる。

 試合前にライブイベント、終了後に花火を予定している。また沖縄市役所などの臨時駐車場からシャトルバスを運行する。問い合わせはFC琉球、電話098(923)0547。