【名護】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民約40人は25日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前で「埋め立て許さんぞ」「新基地止めろ」と声を上げた。

新基地建設反対を訴える市民ら=25日午前8時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 また、ゲート前では、川崎市から国土交通省管理職ユニオン中央執行事務局の中山幸男次長(64)が訪れ「辺野古や安保法制などについて、怒りに燃えて参加している。政治を市民に取り戻すために頑張らないといけない」と強調。

 かねひでグループの呉屋守将会長も「平和と民主主義を求める取り組みが、辺野古で行われている。絶対に新基地建設を止めよう」と訴え、市民らを激励した。