翁長雄志沖縄県知事は25日午前の県議会代表質問で、公約に掲げるアジア経済戦略構想について近く素案をまとめた上で作業部会などで議論を重ね、「年内をめどに成案をとりまとめる」と述べた。

 名護市辺野古の新基地建設反対を訴えた訪米の成果では「節目節目にしっかりと意志を伝えていく中で良い形で解決方法が出てくるのではないか」と述べ、米国側との話し合いの継続をあらためて強調した。

 諸見里明県教育長は名護市の米軍キャンプ・シュワブ内で発見された碇(いかり)石の調査に関して「文化財保護法に基づき名護市教育委員会が調査を実施している。依頼があれば協力する」と答えた。

 玉城満氏(県民ネット)への答弁。