琉球銀行(金城棟啓頭取)は25日、那覇市内のホテルで第99期定時株主総会を開き、期末配当を1株当たり20円とし、総額7億6040万円の剰余金処分などを承認した。 金城頭取は「グループの総合力を発揮することで、競争優位を確立し、お客さま、地域から圧倒的な支持を得る琉銀を目指す」とあいさつした。