「自衛隊は国防上、必要。この一点で判断した」-。陸上自衛隊の配備計画をめぐり、宮古島市の下地敏彦市長が25日、初めて自らの態度を鮮明にした。下地市長はこの日開会した市議会に対し「スタンスを示すことで論議を活発化させたい」と説明する。