沖縄こどもの国で飼育されていた雌ライオンのリンゴ(18歳2カ月)が16日午前10時40分、老衰のため死んだ。ライオンの飼育下での寿命は15年といわれており、リンゴは高齢だった。

老衰のため死んだ雌ライオンのリンゴ=2004年(沖縄こどもの国提供)

 2004年11月に大分県のアフリカンサファリから迎えられた。同園によると、昨年から左前肢に炎症がみられ、治療や看護を続けてきたが、ことし9月に「軟骨肉腫」と診断された。直接の死因かは不明。

 こどもの国は「雄ライオンとの同居の際には勝ち気な性格で雄を威圧する一方、雄が死ぬと急性胃腸炎を発症するなど繊細な性格も持ち合わせていた」と振り返り、「多くの方に愛され、温かく見守ってくださりありがとうございました」とコメントを発表した。