大型で強い台風21号は19日午前6時現在、フィリピンの東の海上にあり、時速15キロで北北西に進んでいる。気象庁によると、今後は発達しながら沖縄地方に向けて進み、21日ごろから沖縄本島地方や大東島地方に影響が出始める恐れがある。

19日午前6時現在の台風21号の進路予想図(気象庁HPから)

19日午前6時現在の台風21号の進路予想図(気象庁HPから)

 現在の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。19日夕方には中心気圧960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルに発達する見込み。【沖縄タイムス+プラス編集部】