【東京】作家の百田尚樹氏が25日、安倍晋三首相に近い自民党若手議員の会合で「沖縄の2紙はつぶさないといけない」などと述べた問題で、衆院平和安全法制特別委員会の与党筆頭理事の江渡聡徳前防衛相(自民)は26日午前の理事会で「申し訳ない。担当議員に厳重注意する」と謝罪した。

 理事会では、民主の長妻昭氏、維新の下地幹郎氏、共産の赤嶺政賢氏が百田氏らの発言は「マスコミへの圧力だ」などと抗議。赤嶺氏は「沖縄の2紙、言論に対する攻撃だ」と批判した。これに対し、江渡氏が謝罪、浜田靖一委員長(自民)も厳重注意する意向を示した。