埋め立てで使用する県外の土砂などに混入した外来生物の侵入を防止する条例案審議が26日午前、県議会特別委員会で始まった。県議会与党が提案した条例で、参考人でアリなど昆虫類を研究する琉球大学の辻瑞樹教授は条例案について「外来生物防止で土壌を優先(して規制)するのは賢い選択」と賛同する考えを示した。

 特別委は参考人の意見聴取に続き、午後は提案した与党議員へ質疑する。

 2日目の7月7日は、県執行部から意見聴取を経て条例案が採決される予定となっている。