那覇空港ビルディングは25日、那覇市内のホテルで株主総会と取締役会を開き、前沖縄振興開発金融公庫理事の兼島規氏(63)を社長に充てる役員人事案などを承認した。

兼島規氏

伊佐嘉一郎氏

湧川盛順氏

兼島規氏 伊佐嘉一郎氏 湧川盛順氏

 非常勤の取締役会長に、元県環境部長の伊佐嘉一郎氏(67)、専務取締役に前文化観光スポーツ部の湧川盛順氏(56)、取締役事業部長に事業部長の亀田安彰氏(51)、非常勤取締役に沖縄電力会長の石嶺伝一郎氏(66)が就任した。

 兼島社長は「那覇空港は国内外、離島を結ぶ玄関口。増加する観光客に対応できる受け入れ体制の整備をスピード感を持って対応したい」と述べた。

 2015年3月期決算は、売上高が前期比16・5%増の81億527万円、経常利益が44・5%増の24億1168万円で増収増益。当期純利益は91%増の15億4185万円。

 円安や景気回復の動きから旅行需要が高まり、国内線の乗降客数は前期比4・4%増の1587万7千人だった。国際線は訪日旅行需要の高まりなどで63・5%増の162万7千人。国内線と国際線を合わせた乗降客の合計は8%増の約1750万5千人だった。