安倍晋三首相と親しい作家の百田尚樹氏を招いた25日の自民党若手勉強会で、安倍政権の底流にある「超タカ派思想」(党関係者)が明るみに出た。政権に批判的な沖縄メディア対策に助言を求める若手に、百田氏は露骨な圧力の必要性を提示し、批判を強めた。