サッカーJ3で7位のFC琉球は、28日午後6時から県総合運動公園陸上競技場で5位のガイナーレ鳥取と対戦する。

今季初の3連勝を狙う琉球の守備を支えるDF前田晃一(右)=県総合運動公園陸上競技場

 前節21日の藤枝MYFC戦を1-0で勝利。通算6勝4分け6敗とし、星を五分に戻した。

 好調の守備陣を支えているのが、入団2年目の前田晃一だ。チームで唯一、開幕から全試合フル出場を継続中。「疲れはあるが、チームの調子が上がってきた時期にそんなことは言っていられない」と気を引き締める。

 基本の4バックではセンターバックを担う。今季から薩川了洋監督が取り入れる3バックでは、右サイドを任される。より広い守備範囲を求められるが「システムが変わっても、周囲と連係してしっかり守るだけ」と適応力を見せる。

 前回の対戦で0-1で惜敗した鳥取に対し、「同じ過ちを二度繰り返してはいけない。自分たちのサッカーをすれば勝てる」と今季初の3連勝へ自信をのぞかせた。(花城克俊)