名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では27日午前、新基地建設への抗議が続いた。自民党の会合で報道統制を求める発言が出たことについて、参加者から「報道の自由、表現の自由を奪う憲法違反の動きが政権政党内部で出ている。マスコミ全体で抗議する必要がある」「沖縄差別の表れだ」などと批判が相次いだ。

新基地建設に抗議する座り込みの市民を強制排除する機動隊員=27日午前7時、名護市辺野古

 この日は午前7時、工事関係車両28台が入った。市民25人が座り込んだが、倍に当たる機動隊員約50人に排除された。海上ではスパット台船2隻のうち1隻がボーリング調査を続けている。