大型で強い台風21号は発達しながら北上し、21日から22日にかけて非常に強い勢力となり沖縄地方に接近する見込み。その後は強い勢力を保ったまま23日にかけて、西日本にかなり近づくと見られる。

気象衛生ひまわり8号リアルタイムウェブより

台風21号の予想進路図(気象庁HPより)

樹木にネットをかぶせるなど、台風対策が始まった=那覇市

気象衛生ひまわり8号リアルタイムウェブより 台風21号の予想進路図(気象庁HPより) 樹木にネットをかぶせるなど、台風対策が始まった=那覇市

 台風21号は20日午前9時現在、フィリピン東海上にあり、時速15キロで北へ進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の南東側220キロ以内と北西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風を取り巻く発達した雨雲や本州付近に停滞する前線の影響で、南西諸島や西日本、東日本の太平洋側では、21日から23日にかけて局地的に猛烈な雨が降るおそれがある。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫へ警戒を呼び掛けている。