沖縄県選出の野党国会議員5人は27日、自民党若手国会議員の勉強会で、作家の百田尚樹氏が「沖縄2紙はつぶさないといけない」などと述べた問題をめぐり、発言を「暴言、妄言」として撤回と謝罪を求める抗議声明を発表した。同日、県議会で記者会見を開いた。声明文は「民主主義社会にあってマスメディアが権力に対して批判的なスタンスであることは健全だ。報道機関を名指しして『つぶす』と述べるのは憲法21条の報道・表現の自由に反する。断じて看過できない」と訴えている。百田氏の発言に、「事実誤認に基づくもので、沖縄に対する不見識の甚だしさを物語っている」と批判している。

百田尚樹氏の発言に対し抗議声明を発表する(左から)糸数慶子氏、玉城デニー氏、照屋寛徳氏、仲里利信氏=27日午前、沖縄県議会

 照屋寛徳衆院議員(社民)は会見で「百田氏の発言は単なる勉強不足をはるかに超えた、悪意に基づく意図的な曲解だ」と批判した。百田氏の小説『永遠のゼロ』を引用して、出席した自民党議員に対し「国会議員としての資格や資質は『永遠のゼロ』だ」と語った。

 仲里利信衆院議員(無所属)は一連の百田氏の発言に対し「本気でああいうことを言う自体が考えられない。ウチナーに対する侮辱の発言だ」と憤った。

 玉城デニー衆院議員(生活)は百田氏が自身の発言を冗談だったと話したことに「オフレコや冗談という逃げはない」と非難した。

 糸数慶子参院議員(無所属)は安倍晋三首相に対し、「事実を確認し、県民と新聞社に謝罪するべきだ」と抗議した。

 声明文は照屋氏をはじめ、赤嶺政賢氏(共産)、玉城氏、仲里氏、糸数氏の連名。百田氏本人と、勉強会に出席した国会議員に近く送る。