自民党の会合で作家の百田尚樹氏が沖縄県内2紙への批判や米軍普天間飛行場の成り立ちについて言及した問題をめぐり、自民党が会合を主催した青年局長の木原稔氏を更迭することに、県議会与党からは「1人を更迭しても問題は収束しない」として自民党そのものの政治姿勢を追及する声が上がった。野党の自民は「党本部として厳しい姿勢で対処した」としつつ、党に安全保障問題で慎重な対応を望んでいる。

 与党連絡会座長の仲宗根悟氏(社民・護憲)は「問題を収束させようとしているのかもしれないが、1人を更迭しても解決にはならない。誤った歴史認識を持ち、言論弾圧に同調する議員が低レベルの会合を開くこと自体が嘆かわしいことだ」と厳しく批判した。

 中立会派の公明県民無所属の金城勉氏は「自民もやっと問題の大きさを認識したのだろう。沖縄の歴史や表現の自由をしっかり認識し発言や行動するべきだ」と指摘。維新の當間盛夫氏も「更迭は当然の対応だろう。今の自民そのものが数の力で安保法制を成立させようとしており、そのおごりが出た。政治感覚がまひしている」と党としての姿勢を問題視した。

 自民の具志孝助氏は「安保法制をめぐり緊張した状況の中で世間を騒がせた人へのペナルティーとしての更迭だろう。厳しい姿勢を示すことは大切だ」としつつ「今後は基地を抱えさせられている沖縄を誤解させる発言がないよう対応してほしい」と要望した。