沖縄水産が4投手の継投で昭和薬科大付に9-8と競り勝った。 沖水は二回、8番赤嶺槙咲の左前適時打で1点を先制し、なお2死一、二塁で1番島袋美輝が左中間に2点適時三塁打を放ち、計3点を挙げた。 「信頼している島袋と赤嶺のタイムリーで(初戦の)硬さが取れた」と新垣隆夫監督。