【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では28日午前、県内外から参加した市民約150人が座り込んだり、歌を歌ったりして、新基地建設に抗議の意思を示した。

米軍キャンプ・シュワブゲート前で、「新基地建設やめろ」「安保法制今すぐ廃案」と声をあげる市民たち=28日、名護市辺野古

 米軍旧立川基地の拡張をめぐり1955年から始まった砂川闘争で、反対派地権者の主導的役割を果たした故宮岡政雄さんの次女福島京子さん65がゲート前を訪問。「1度受け入れた基地は返ってこない。これ以上新しい基地は日本にいらない」とあいさつした。

 海上での作業は確認されなかった。