超大型で非常に強い台風21号は21日午前6時現在、日本の南の海上を時速15キロで北北東に進んでいる。21日夕方には大東島地方が暴風域に入るとみられ、22日未明に最接近する見込み。沖縄本島地方も21日午後から暴風となる恐れがあり、沖縄気象台は厳重な警戒を呼びかけている。

台風21号の予想接近時間

台風21号の進路予想図(気象庁HPから)

21日午前7時現在の台風21号(気象衛星ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風21号の予想接近時間 台風21号の進路予想図(気象庁HPから) 21日午前7時現在の台風21号(気象衛星ひまわり8号リアルタイムwebから)

 台風は今後、日本の南を北上し、非常に強い勢力で沖縄地方に接近し、その後も勢力を保って22日から23日にかけて、西日本から東日本、北日本にかなり接近する見込み。

 気象台によると、台風の中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径220キロは風速25メートル以上の暴風域となっている。大陸の高気圧と台風の間で気圧の傾きが大きく、台風の暴風域に入らなくても暴風となる恐れがあるという。

 波の高さは7~13メートルでうねりを伴う。雨も非常に激しく、20日午後6時からの24時間で大東島地方は180ミリ、沖縄本島地方は130ミリを見込む。落雷や竜巻が発生する可能性もあるとみられている。