宜野座・玉城楓、真和志・前原信王の両投手による息詰まる投手戦は、宜野座が七回の好機を生かし、2-0で勝利を収めた。追加点の左越え三塁打を放った1番佐久田来樹は「風に乗って伸びてくれた。落ちてくれと祈りながら走った」と殊勲打を振り返った。 前原に六回まで2安打無失点に抑えられた宜野座打線。