【沖縄】第26回沖縄民踊フェスティバル(主催・沖縄タイムス社、県民踊研究会)は28日の最終日、沖縄市体育館で83団体約2400人が華やかな舞を披露した。県内各地から集まった出演者が閉会式の「名残の集い」で共演、年に1度の祭典を笑顔で締めくくった。

振り付けに合わせて楽しく踊る参加者=28日午前、沖縄市体育館

 期間中、今回で25回目の出場となる11団体、20回目となる5団体、15回目の4団体、10回目の7団体にそれぞれ表彰状が贈られた。

 「山入らば」を踊った石垣市民踊愛好会は25回目の出場で表彰を受けた。砂川和子副会長(75)は「この日のために練習を続けている。踊りの輪を絶やさぬよう出場を続けたい」と笑顔を見せた。