沖縄気象台によると、超大型で非常に強い台風21号は22日午前3時現在、大東島地方に最も接近している。大東島地方では同日昼前まで厳重な警戒が必要。沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴った高波に厳重な警戒を呼び掛けている。今後、勢力を維持したまま北上する見込み。

台風21号の進路予想図(気象庁HPから)

  台風は22日午後3時には南大東島の東の海上にあって、時速約30キロので北北東に進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の西側1100キロ以内と東側750キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄本島地方と先島諸島では大陸の高気圧と台風との間で気圧の傾きが大きくなっているため、22日は非常に強い風が吹く見込み。予想される最大風速(最大瞬間風速)は大東島地方で北西の風30メートル(45メートル)、本島地方が北のち北西の風23メートル(35メートル)、先島諸島が北西の風20メートル(30メートル)。

 23日は大東島地方が北西の風15メートル(25メートル)、本島地方で北西の風16メートル(30メートル)、宮古島地方が北の風15メートル(25メートル)、八重山地方で北の風17メートル(30メートル)。

 大東島地方の沿岸の海域では、22日夕方まで猛烈なしけとなる見込みで、うねりを伴った高波に厳重な警戒を。本島地方や先島諸島の沿岸の海域も23日にかけて大しけの状態が続く見込み。

 大東島地方では、22日昼前まで発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意を。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう呼び掛けている。