【東京】菅義偉官房長官は29日の衆院平和安全法制特別委員会で、米軍普天間飛行場の成り立ちについて「戦時中以降、米軍が民公有地を接収して建設したものだ」と述べ、作家の百田尚樹氏が自民党の勉強会で「普天間飛行場は田んぼの中にあった」とする発言を事実上否定した。赤嶺政賢氏(共産)への質問に答えた。

菅義偉官房長官

 一方、飛行場となった場所には戦前、集落や役場があったことから、「生活の場を奪ったとの認識はあるか」とただしたが、菅氏は明確に答えなかった。赤嶺氏は「土地ではなく住民の生活を奪ったとの認識に立たなければならない。金目当てで住民が基地に近づいてきたというのは県民に対する冒涜(ぼうとく)だ」と述べ、菅氏の答弁や百田氏の発言を批判した。