翁長雄志知事は29日、作家の百田尚樹氏と自民党若手国会議員による報道圧力発言で「愕然(がくぜん)としている。たいへん残念だし、日本の将来に禍根を残す」と指摘した。県議会棟で記者団に答えた。

取材に応じる翁長雄志知事=29日午後、那覇市

 百田氏が普天間飛行場を「もともと田んぼの中にあった」「基地の周りに行けば商売になると住みだした」と事実でない説明をしたことには「愕然としている。本当に悲しいし、寂しい。百田さんが知識人であるが故に、たいへん怒りも出てくる」と批判した。

 「沖縄2紙はつぶすべき」などの報道圧力発言を「民主主義では、いろんなメディアがみな考え方が違うことそのものが大切で、主張を偏向とか間違いと話すこと自体、基本的な認識が間違っているのではないか」と疑問視。

 「自民の若手の皆さんが報道通りの議論をしたのであれば、永遠に自民党が政権を握るという錯誤を持っているのではないか。一政党が考えが違うものをつぶすような仕組みをつくってしまえば、日本の将来に禍根を残す」と憂慮した。