【沖縄】米軍嘉手納基地跡地にある沖縄市サッカー場の汚染問題で、新たに見つかったドラム缶17本のうち、1カ所のたまり水から水質排出基準の2100倍のダイオキシン類が検出されたことが29日、分かった。地下水の環境基準では2万1千倍になる。同日、沖縄防衛局が分析結果を公表した。

 同局はたまり水全量を回収しており、ドラム缶が発見された周辺地下水の水質調査で基準値の超過がないことなどを理由に「周辺への影響はないと考えられる」と説明している。

 高濃度汚染の要因について、防衛局はかつて使用が許されていた除草剤PCP(ペンタクロロフェノール)に含まれていたダイオキシン類などに由来していると説明。汚染の由来に、ベトナム戦争時に使われていたオレンジ剤やブルー剤などの枯れ葉剤が関係するかについては、構成に必要な物質が不検出であることなどを理由に「存在したという証拠がない」と関係性を否定した。

 一方、たまり水からは最も毒性の強いダイオキシン類の「2・3・7・8-TeCDD」も検出された。