米軍普天間飛行場の成り立ちの誤認や報道に対する弾圧が指摘される発言をした作家の百田尚樹氏と、発言の場となった勉強会を開いた自民党若手議員への抗議は日を追うごとに大きくなっている。