沖縄県内ホテル大手のかりゆし(當山智士社長)は29日、石垣島の同社グループ「かりゆし倶楽部ホテル石垣島」を改装し、7月1日から自社高級ブランド「エグゼス」を冠した「Okinawa EXES Ishigakijima(オキナワ・エグゼス・イシガキジマ)」に名称を替えて開店すると発表した。

新名称をPRするかりゆし倶楽部ホテル石垣島の井上泰史宿泊料飲統括支配人(左)ら=29日、沖縄タイムス社

 50室の客室は全て改装し、子連れ客でも利用しやすいように琉球畳を利用した和室タイプも導入。広さは全室58平方メートル、デラックスルームやプレミアムルームなどがあり、タイプ別に1部屋1~4人まで宿泊できる。

 ガーデンレストランは芝を敷きバーベキューやビアガーデンとして利用できるように改装した。7、8月はオープン記念で、オムツなどをサービスする子連れ家族向けの「マミーセット」のほか、ドリンクやプール遊具などを特典として用意する。

 同ホテル石垣島の井上泰史宿泊料飲統括支配人は「上質な島時間」をテーマに島の自然やホテルのサービスを体感してほしいと呼び掛けた。

 宿泊価格は1泊朝食付きで1人1万4千円(税別)から。問い合わせは同ホテル石垣島、電話0980(86)8001。