9秒でまるわかり!

  • 野党は、百田氏発言と報道圧力について、政府の調査と謝罪を要求
  • 菅官房長官は「党の問題」と拒否した
  • 野党は「沖縄県民、国民の心に届くように謝罪すべき」と訴えた

 菅義偉官房長官は29日の衆院平和安全法制特別委員会で、自民党議員の勉強会で出た沖縄をめぐる発言について、政府による調査と県民への謝罪を野党から求められたのに対し「党の問題なので、政府として調べてコメントする立場にない」と拒否した。

 首相はこれに先立ち、自民党の谷垣禎一幹事長と会談し、「表現の自由は民主主義の根幹だから配慮する姿勢を示さないといけない。沖縄の人の気持ちに反する発言もあり遺憾だ」と語った。

 谷垣氏は記者会見で「緩みが出た。脇を締めてしっかりやりたい」と強調。その上で「党の運用の責任者は私だ」として、首相の謝罪は不要との認識を示した。民主党の榛葉賀津也参院国対委員長は「与党に報道をコントロールする動きがあれば、国民の知る権利が奪われ、安保法案の議論が成り立たない」と反発した。共産党の山下芳生書記局長は「首相は沖縄県民、国民の心に届くように謝罪すべきだ」と訴えた。