【東京】衆参両院が30日に公開した2014年分の国会議員の所得に関する報告で、県関係では宮崎政久衆院議員(自民)が3539万円でトップだった。次いで西銘恒三郎衆院議員(自民)が2040万円だった。

 宮崎氏は歳費のほかに関連会社からの報酬などがあったが、代表を務める弁護士事務所の経費で69万円の赤字を計上した。西銘氏は歳費と総務副大臣の給与の合計。

 赤嶺政賢衆院議員(共産)は歳費のほかに不動産所得16万円や雑所得10万円を合わせて1758万円だった。

 照屋寛徳衆院議員(社民)は総額1869万円。歳費のほかに弁護士報酬74万円、不動産所得44万円、番組出演料などの雑所得19万円があった。

 玉城デニー衆院議員(生活)は関連会社からの報酬や講演料・著作権料4万円など総額1733万円だった。

 国場幸之助衆院議員(自民)は総額1889万円。関連会社からの報酬156万円と配当所得10万円があった。

 比嘉奈津美衆院議員(自民)は歳費に雑所得6万円を合わせて1737万円だった。

 糸数慶子参院議員(無所属)と島尻安伊子参院議員(自民)はともに歳費のみで1786万円。儀間光男参院議員(維新)は年金89万円を合わせて1875万円だった。

 公開の対象は、選挙期間を除き、昨年1年間を通じて議員だった者で、仲里利信衆院議員(無所属)と下地幹郎衆院議員(維新)は対象外だった。