大相撲の元幕内琉王で、沖縄出身初の幕内力士だった神田武光(かんだ・たけみつ)さんが脳梗塞のため6月28日に東京都内で亡くなった。70歳だった。7月2日に都内で家族葬を行う。

沖縄県出身初の幕内力士、琉王

 1945年2月、沖縄出身の父と奄美大島出身の母の間に6人兄弟の末っ子として疎開先の大分県で出生。那覇市の壺屋小、那覇中に通った後、高校は奄美大島の高校を卒業した。

 骨太の体格が見込まれ、17歳で朝日山部屋に入門。62年11月に初土俵を踏んだ。70年11月に念願の新入幕。復帰翌年の73年には最高位の前頭筆頭まで上り詰めた。

 76年の廃業後は東京・上野駅近くでちゃんこ鍋や沖縄料理を出す「琉王」を開業し、板場に立った。

 2010年に脳梗塞を発症。今春までの3年間は沖縄本島南部の介護施設で療養生活を送っていた。